訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次
自己洞察瞑想療法の講習会なども始めました! → マインドフルネス@つくば

待つことの大切さ

 10月も終わりそうですね。。。。
 いや、本当に時が過ぎるのが早い!日々、必死に生きていると、それだけで時間がどんどん過ぎていってしまいます。
 いいことではあるんですが、そうしている間に、ブログを更新できないまま、こんな時期になってしまいました。

 今日は、「待つことの大切さ」ということで少し書いてみたいと思います。

 ここで、書いた「待つこと」というのは、自分の成長をじっくり待ってあげるという意味です。

 マインドフルネスをやっていると、ついつい、我の自分が顔を出してきて、「結果」を求めたくなってしまいます。
 「早く改善してほしい」「もう、落ち込んだりしたくない」などなど。。
 その気持ちが継続していく活力になるので、「良くなりたい」という気持ち自体は、まったく善悪で判断できるものではないんですが、それが「早く結果をほしい!」という方に働いてしまうと、どうしても焦りや落ち込みなどの原因になってしまいます。

 マインドフルネスを上達するうえで、必要な態度とは、植物を育てるときのようなそんな心もちです。

 毎日、水はあげないといけませんが、だからといって、今日どんなに頑張ってみたとしても、今日蒔いた種から、すぐに目がでるわけではありません。芽が出てくるのは、自然まかせです。それまでは、じっくり待つしかありません。

 マインドフルネスや自己洞察瞑想法をやり始めての、気持ちはこんな感じです。
 早く、自分の中に気づきの芽が出て、大きな実りがほしい!という気持ちでいっぱいでスタートします。
 
 でも、できること、大切なことは、日々の課題を丁寧にやりながら、その「時」がくるまでじっくり待っていてあげることです。
 自分自身の洞察の芽が、生まれて、そして育っていき、大きな花を咲かせ、実りの時がくるまで、しっかり世話を続けながら待ってあげることが大切です。

 特に最初のうちは、今までの自分との変化が感じられず、毎日の課題をこなすことに意味を感じられないかもしれません。
 それは、まだ芽が出てくる前の土に、ひたすら毎日水をあげているようなものです。
 「本当に芽がでるのか?」と疑問がわいてくる時もあるかもしれません。
 でも、それでも続けることが大切なんですね。そして、芽が出る時を待ってあげることが大切です。

 こういった面では、我々は絶対的に受け身です。確かに、毎日の課題をこなし、自分の中の洞察の芽が生まれてきて育つように、お世話をすることは大切です。
 しかし、どのタイミングで、芽が出るのか、そして、どのようなタイミングで、花を咲かせ、自分の中に学びとして大きな実りをつける日がくるのかは、我々には決められません。
 待つしかないんです。

 しかし、続けていれば、そして、待っていれば、いづれ、大きな花を咲かせる日が来ます。
 それが、明日なのか、1年後なのかは、わからないですが、もし、春に咲く花が、冬に花を開いてしまったら、それはあだ花です。
 十分な実りを付けることはないでしょう。
  ちゃんと課題を続けて、日々、洞察の芽に水をあげていれば、いつか、必要な時に、必要なタイミングで、大きな花を咲かせてくれるはずです。

 現代という生活の中では、ついつい、「結果」と求めたくなります。
 ボタンを押せば、すぐに必要な情報が手に入る現代では、この「待ってあげる」ということが一番難しくなっているのかもしれません。
 本屋さんにも、「これ一つで、劇的に人生がかわる!」とか、「これさえとれば、あなたは健康!」といった安易な題名の本があふれています。きっと、現代の人間にとって、そういったキャッチーなコピーは売れるために必須なんでしょう。

 でも、マインドフルネスというのは、それと対極に位置するようなものだと思います。
 
 でも、だからこそ、自分自身で作り上げていた技術、身に着けた洞察の力は、本物になるんだと思います。

 How to ではありません。自分自身の洞察の力は、自分自身にしかつけられませんし、その感覚は、それぞれにみんな違うものです。でも、だからこそ、自分にとっては、一番深い学びをもたらすことができますし、だからこそパワフルなんだと思います。

 これを読んでいる読者の方々も、さまざまな状況で、さまざまな葛藤や迷いの中で、実践されていると思います。
 僕も、いまだにその最中ではありますが、それでも、続けていくこと、辛抱強く、自分を信じて待ってあげることが大切だと思います。
 今、実践を続けている方々は、少しづつでいいので、継続されていっていただけたらと、心から思います。
 ともに頑張っていきましょう。

 ではでは、今日はこの辺で。お付き合いありがとうございました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは いつも参考にさせていただいております。

私事ですが、マインドフルネスも終わりの方になってきて独り立ちしてできるよう先生から指導されていますが、波立つ日常の事柄が多く、なんとか相談に乗っていただいて乗り切っています。
私もブログ主様と同じで会社に通いながらなのでなかなか薬の断薬が難しいところですが、コツコツ続けていくしか無いかなと思っています。

月に一度でも構いませんのでこちらのブログもゆっくり続けてください。楽しみにしています。

Re: No title

コメントありがとうございます。励ましていただけてうれしいです。
ゆっくりのペースではありますが、これからも続けていきたいと思うので、よろしくお願いいたします。

体調の波はしょうがないことなのですが、つらいですよねー。
僕も、この2か月くらいは結構波があったのですが、この2か月を乗り切ることで、またひとつ、体調と付き合うコツをつかめてきたような感じがします。
 もちろん、それで調子にのってはいけませんが、これも経験なのかなと思います。日々、洞察の毎日ですね。
お互いがんばっていきましょー。

 またいつでもコメントしてください。よろしくお願いします。

日々の変化について

初めまして。soraと申します。毎月、楽しみに拝見させていただいています。

私もマインドフルネスが終わりに差し掛かっている者ですが、質問です。
マインドフルネスを続けていると変化が起こると教わりました。
その変化は人それぞれであるとのことですが、私は、身体症状が色々と変化していきます。元々は、それが第一の問題ではなかったのですが・・・。
何か、今月はやけに眠れないなとか、やたら眠いなとか、やけに物事に敏感になるなとか等・・・このような身体症状の変化を毎月違って、感じたりしますか?

Re: 日々の変化について

soraさん、初めまして。ブログ管理者のKo7です。
 
 症状の変化を感じてらっしゃるということですね。
 僕自身、体調の変化は日々感じていますよ。そして、その中でも、以前からずーっとある症状もあれば、最近になって多く感じるなと思っている症状もあります。

 僕が教えていただいた佐藤先生がよくおっしゃっていたのは、実はAという問題も、B、Cという問題も、最初からあったものだが、一番つらかったり意識が向かっているAという問題があったので、BやCは意識が向かわずにすんでいたものが、Aというものが改善したり、変化したりすると、それまで気づかなかったBというものに意識が向かうようになったり、Cというものが意識できるようになったりするとおっしゃっていました。

 これは、症状のことだけでなくて、さまざまな問題や生活のこと、例えば人間関係でもそうだと思います。夫婦間の問題は、子供が生まれて子育てという状況になると、「子供を育てる」という共通の課題に生活の中心がシフトするため、いったん棚上げになったりします。決して解決ではないですが、協力して子育てが開始されます。
 しかし、子供が成人して、二人だけの生活になると、再度、夫婦間の関係性や問題に焦点が当たらざるを得ない状況になったりします。そこで、熟年の危機がきたりするわけですね。

 症状でも、頭痛が本当にひどいときは、そのほかの症状は気にならなくなる時があります。でも、頭痛が改善すると、今度は、胃の調子の悪さが前面に出てきたりすることもあります。

 人間の感覚や意識って、実はものすごく膨大な量を入力信号を処理してると思うんですね。
 例えば、今、来ている服が体に触れている感覚って、普段は気が付いてないですよね。今、この文章を読んで、意識がそちらにいると、初めて意識に上ってくるわけです。でも、皮膚に服が触れている以上、かならず脳にはその入力信号が入ってきているはずで、これは、皮膚感覚だけではなく、聞こえるもの、見えるもの、考えていること、すべてにおいてそうなわけです。
 でも、そのすべての感覚が意識に上ってきてしまったら、ものすごい雑音の中で作業するようなもので、大切なことに集中することができなくなってしまいます。
 そこで、意識は、今、必要と思われる感覚情報だけを選択して、意識に上らさせてくれているわけですね。ほかのことはすべて無意識に処理しているわけです。
 例えば、歯を磨こうとするときに、手をどう動かすのか、歯磨き粉をどうつけるのか、歯ブラシを取るのに棚をどうやってあけるか、などはすべて無意識で行ってくれています。そして、その時の、立ってる状態での足の裏の感覚、バランスなども、意識に上ることなくすべて処理しているわけです。

 日常生活でこれですから、日々、感じている症状や、意識に上る問題のようなことも、すべてそうだと思うんです。
 僕も、体調により、眠れないなーという日が続くときもありますし、人の目が気になるといか、考えがネガティブに引っ張られてるなーと思う日々もあります。
 ただ、SIMTの実践を続けて、その変化していく症状や課題も眺めていくようにすると、実は関係のないように感じていたものが、関連していたり、原因や結果になっていたりすることに気がついてきていることも事実です。
 その結果、起こることを多少、抑えることができるようになった症状もありますし、それでも、起こってきてしまうものもあります。そして、まだ、なんで起こるのかよくわからない症状なんかもあります。
 もしかして、原因なんてなくてただ偶然起こるなってものもあるのかもしれませんが、そういったものでも、その起こったことが原因となって、その後にいろいろなことが連鎖していくので、その連鎖を観察する価値はあります。

 例えば、まだ体調に波がではじめた最初のころは、体調がいいと思っていたのに、どうも調子がわるくなってくる理由がわかりませんでした。なんとなく気分が元気がなくなり、やる気がでなくて、いろいろなことがめんどくさくなったり、さらに、人の表情や起こったことをネガティブにとらえがちになったり。
 前向きになろうとしても、どうもなれない自分がいました。
 でも、観察を続けていくうちに、どうやら、イベントがあったり、ちょっと無理してがんばったりすると、その1週間~10日ほどして、精神的な疲れの症状として、上記のようなことがでてくることがわかってきました。
 そして、それは、イベントの後に休んでも、無理してやった以上、ある程度は出てきてしまうようだということも最近は理解できましたし、そこで、無理せず、2~3日、マイペースにしていると、だいぶ改善してくることも分かってきています。
 そうはいっても、まだまだ振り回されることも多かったり、自分の予想からはみ出すことも多いですが、またそれ自体が、貴重な情報源ではあります。

 こういった感じで、日々、さまざまなことが変化してきますが、きっとsoraさんの感じている身体症状の毎月の変化も、当然のことだと思いますよ。そして、その症状自体が、自分というものについて、さまざまなことを教えてくれますので、SIMTの実践を続けながら、症状自体を洞察していかれるといいと思います。

 お答えになっていますでしょうか?多少は参考になる部分があるといいのですが。
 また、マイペースにブログは続けていきますので、よかったらいつでもコメントしてくださいね。
 ではでは、失礼します。

回答ありがとうございます・

ko7さん、お忙しい中、丁寧な回答ありがとうございました。

マインドフルネスを学んでいるので、理論や理屈は、頭では理解しているつもりなのですが、まだまだ、実践中の身であり、マインドフルネスを掴みきれていないところが多々あり、体調の波・メンタルの波に呑み込まれそうになってしまうことがあります。
日々、変わっていく変化に驚いてしまい、動揺してまう時がまだまだあります。

でも、ko7さんのようにマインドフルネスを継続されていると、このような身体やメンタルの変化の波にも、客観的かつ冷静に受容できるようになるんだなと実感でき、頑張って続けていこうと思えました。

マインドフルネスを継続されている方の、このような経過や変化を知ることができて心強いです。

日々、お忙しいと思いますが、これからもko7さんのペースでマインドフルネスにつていのブログを書かれるのを楽しみにしています。
これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR