FC2ブログ

  訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次
自己洞察瞑想療法の講習会なども始めました! → マインドフルネス@つくば

マインドフルネスはなぜにすごいか。自分なりの解釈②

  すっかり時間がたってしまいました。
  構想はあるものの、長編を書いている途中だと、ついつい長くなるぞという気合だけが空回りして、ついついまず書き始めることができなくなってしまいます。まずは、書くこと。
 これをモットーに今日も書いてみたいと思います。乱文にて読みにくいところもあると思いますが、おつきあいください。

 さて、前回は人が世界をどう認識しているか、そして、その過程でどれほど個々により違いが生まれ、実際の世界と我々一人一人が自分の中に作り出している世界が違うかということについて書いてみました。

 では、そのような状態において、マインドフルネスがどのように作用し、なぜ私がすごいと思うのかという点について書いてみたいと思います。

 前回、最後の方で、我々一人一人がカプセルに入っているようなものだと書きました。そのカプセルには、外界を知るためのセンサー(視覚、聴覚、味覚、触覚、嗅覚)がついてはいますが、その情報は、中央のコンピューターで処理をされ、意識というディスプレイに、処理の結果として再構成されたものが表示されます。
 このディスプレイに表示される段階では、自分にとって「快か、不快か」という観点で判別がされており、「快」であれば、よりそれを長く続かせるように、繰り返し起こるように反応し(執着)、「不快」であれば、そこから逃れるように、続かないように、嫌悪や拒否の反応をするようになっています。そして、各種センサーに探知されていても、この処理の段階で「快」にも「不快」にも属さないものは、ディスプレイ上にも映し出されることなく処理さえてしまいます(無視、無関心ということ、多くはここに属する)。
 
 我々は、この状態にあることを知らずに、ディスプレイ上に表示された結果のみを、この世界の真実の姿だと思って、日々を生きています。
 しかし、このカプセルにいる限り、外の世界を本当にしることはできません。
 しかし、同時に、自らこのカプセルから出ることもかないません。これは、どうしようもない事実です。
 我々は、真の世界というものを認識することはできないのです。

 でも、ここにマインドフルネスの力が発揮するポイントがあります。

 確かに、センサーは限られており、自動で処理された結果しか、我々は認識することはできません。
 でも、このような過程が自分の中で起こっているんだということがわかっていれば、それを観察していくことができます。

 たとえば、自分は北にある目的地に向かいたいとします。
 しかし、センサーから得られた情報が、処理され、ディスプレイに「正解 こちらは北です」と表示された方向に行くと、どうしても迷ってしまうとします。
 でも、ある時、ディスプレイ上に「まちがい こちらは南」と表示されていたり、表示されることもなく自動で処理モードになっていた時に、目的地に着いたとします。
 どうやら、自分の処理プログラムに間違いがあるのか、それともセンサーが誤作動している可能性に気がつきます。
 正確には、センサーはある数値をしてしているのみで、それが誤っているのか、正しいのかは、その数値自体にはありません。
 処理の結果ディスプレイに判定されるものは気にせず、ただ、センサーの情報だけを意識しながら進むことを続けていると、センサーが「北」と表示せず、そこから30度ほど西にずれている表示で動くと、どうやら北の目的地に着けることがわかるようになります。

 そうすると、たとえ自分の中のセンサー自体に変化はなくても、その特徴をつかむことで、北に向かうことが可能になるのです。
 最初は処理プログラムにでてくる表示はかわらないかもしれません。そのプログラム自体は自動で動いているので、それをすぐに修正することはできません。 でも、ディスプレイの表示に左右されず、そのままにして、自分のセンサーとその特徴をつかんでいくことで、いままでの自分とはかわらずに、より効果的な選択をしていくことができるのです。
 それを続けていくと、プログラムも徐々に修正され、うまくいった場合を正解として表示してくれるようになってきます。

 もし、自分の中のこの過程に気が付くことなく、ディスプレイの表示のみを頼りに、うまくいかないことを繰り返していたらどうでしょう。 このセンサーは間違ってる!、このカプセルは使えない!と、怒ってしまうかもしれません。でも、カプセルから降りることはできず、自分自身を否定することにつながってしまいます。

 マインドフルネスとは、まさに、このように、「自分の中の処理後のディスプレイ表示=自らの認識」をそのままにして、ちょっと横に置いて、みずからのセンサー(感覚)に今・ここに起こっていることを、ただ観察していき、そこにあらたな選択肢が生まれていく過程です。
 
 世界を真実のまま知ることは不可能です。

 でも、自分のセンサーとプログラムの特徴を観察していくことで、より世界を、忠実に把握し、その中でより多くの選択肢を見つけ出していくことができるのです。つまり、たとえ限界のあるカプセルの中にいようとも、世界の中でより自由に動いていけるということなのです。

 我々は、仕事をするにも、趣味を楽しむのにも、人とつきあうのにも、運動をするにも、このカプセルの中で、これらの処理を経て行動しています。
 つまり、自分というカプセル、自分というフィルターを通して、世界を観ているわけです。

 なので、この自分というカプセルの特徴をしり、それをよりうまく使えるということは、この世の中で生きる上でのあらゆるパフォーマンスに通じることなのです。

 自分というカプセルの中で変換された処理結果のみを真実だと信じて、自分はなんてポンコツなんだと自己否定をつづけるのと、

 自分というカプセルをよく知り、たとえ限界や特徴があろうとも、その特徴をうまく役立て、付き合って自由に生きていくのと、

 どちらが、より世界を楽しんでいるでしょうか。
 
 答えは明白だと思います。

  マインドフルネスで、一度、評価を脇に置いて、今、ここの感覚を意識する(判断中止と徹底受容)というのは、まさに、この過程を行い、自分自身を深く知っていくことで、本当の知恵をつけていこうと言う過程です。

  自分自身を知るということが、より深く世界をしるということに、世界の真実に近づいていく唯一の手段なのです。

 そして、それには、大金も、特別な能力も、特別な環境もいりません。
 ただ、ただ坐って瞑想し、そして自分の日々の生活の中で、自分を洞察していくと言う、ただそれだけなのです。

 これってすごいと思いませんか?
 世界をしる方法が、こんな単純なことで可能になっていくなんて。そしてそれが最短の道であるというとは。

 僕は、これに気が付いた時、驚きと共に感動しました。
 そして、マインドフルネスをどういう形にしろ続けようと思いました。

僕自身、子供の頃から、すごく怖がりで自信のない自分に気がついていました。どうしたら強くなれるのか、ずっとずっと考えてきました。何を学んだらもっと自信が持てるのか、何を身に付けたらもっと強い自分になれるのか、ずっと考えてきて、そしてできるだけ苦しいことにも取り組んできました。他人を気にする自分、恐がりな自分、自分の中の弱さがなくなってくれ!と、苦しくても一生懸命頑張ることで、それを乗り越えれば強くなれるんだと信じて頑張ってきて、それでも自分の中の弱さはなくならずに、むしろ怖くてしょうがないことが増えていきました。それでも頑張っていたら、、、、気づいたら、鬱になっていました。
 強さを身に付けるため、その苦しさから自由になるためにはどうしたらいいかもう分からなくなって、こんな自分はまったく価値がないと思ったりもしたけど。。。

 だけど、変わる必要なんてなかったんです。強くなるための何かを身に付ける必要なんてなかったんです。そとをいくら探しても、強くなるための方法なんて見つからないんです。
 ただ、静かに瞑想し、自分を観察し、見つめていくだけで良かったんです。

  今も、自分の中の弱さやもろさはまったく変わっていませんが、それでも、マインドフルネスを通して、自分は以前よりちょびっと強くなれている気がします。

  これが僕が感じている、マインドフルネスの凄さです。
  思い違いもあるかもしれませんが、これが、今の時点での僕の考えです。

  またブログを書いていく中で、僕の考え方の変化もわかっていくと思います。
 その変化もまた意味のあることなのかなと思っています。

 では、おつきあいありがとうございます。
 次回は、もう少し、この内容につきひっぱてみたいと思います。

 ではでは。


 

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです

最近、少しだけ身体症状と距離を取れるようになり、家族やお医者さんに大分回復したねと言われるようになり、減薬することになりました。
以前と同じように恐怖や不安や痛みや咽や胸の圧迫感と共にすごしていて自分では回復したとは感じないのに何だか不思議です。

相変わらず、瞑想しながら寝てしまうことも多いのですが、今は眠って回復したい時期なんだと思うようになりました。

もしよろしければ、瞑想時以外の日常生活のなかでの思考チェックのコツなどを教えていただきたいのですが、お時間ありますときにでもお願いいたします。

Re: お久しぶりです

てるてるさん、お返事遅くなり申し訳ありません。お元気になられてきてるようでなによりです。


> 最近、少しだけ身体症状と距離を取れるようになり、家族やお医者さんに大分回復したねと言われるようになり、減薬することになりました。
> 以前と同じように恐怖や不安や痛みや咽や胸の圧迫感と共にすごしていて自分では回復したとは感じないのに何だか不思議です。

この感覚、僕もわかります。自分の中で起こっていることは全く変わっていないのに、それを少し客観的に見られるよう、洞察できるようになってくると、1回の身体や気持ちの変化で大きく揺さぶられたりすることが少なくなってきて、結果的に周りの人から見ると改善しているように感じるみたいです。自分としては起こっていることはまったく変わりないので本当に不思議なんですが。
 でも、そういう観察を続けて行くと、もっと自分の病気の特徴が見えてきて、いろんな症状などと共存しながらでも、活動できる幅がすこしずつですが、広がってきます。そうなると、自分でもやっぱり良くなってきてるかなと実感できると思うので、ぜひ、そのペースでお続けになってください。

> 相変わらず、瞑想しながら寝てしまうことも多いのですが、今は眠って回復したい時期なんだと思うようになりました。

 この感覚が大変大切だと僕は思います。僕自身も、自分の中に生じてくるネガティブな事も、「今はそれでもしょうがないな」と受け止められることができはじめてから、マインドフルネスもグッと上達したように思います。たぶん、この感じが、「そのままにする」「受容する」ということなんだと思います。決して起こってくる事について嬉しいとか満足しているわけではないのですが、でも、それを無理になくそうとか、否定しようとかせず、「まあ、しょうがない」と思えることが、「受容」なんだと最近は感じています。

> もしよろしければ、瞑想時以外の日常生活のなかでの思考チェックのコツなどを教えていただきたいのですが、お時間ありますときにでもお願いいたします。

 僕自身も、瞑想の時以外にも、できるだけ洞察モードでいられる時間を増やそうとしているのですが、中々難しいです。そんな中でやっていることと言えば、傾注観察を多用して、生活の中で洞察モードになる時間を意識的に増やしていくことです。特に、歯磨きであるとか、食事であるとか、洗濯干しとかでもいいんですが、自分がそれほど頭を使って頑張らなくてもできることで、さらに、日常的にルーティーンでやっていることが、最初はやりやすいと思います。というのも、普段、習慣的にしていることって惰性でできるため、ついつい目の前の事と別の事を考えることができちゃうんですよね。逆に新しい料理とかは、それ自体に意識を集中しなくちゃいけないので、努力しなくても比較的マインドフルな状態でいれると思います。だから、毎日習慣的にやっていて、意識が他のことに行きがちなものに絞って、傾注観察をこまめにいれていくと、自然と普段の生活の中でも、そのモードに入れる機会が増えてきているような気がします。よかったら試してみてください。てるてるさんの体調がさらに改善していかれることを節にお祈りしております。

Re: お久しぶりです

追伸ですが、日中の傾注観察法をやるときにも、僕は呼吸の数を数えるゆっくり呼吸法は併用してやっています。なぜかというとよくわかりませんが、自分でやっていて、ゆっくり呼吸法で数えながらやるほうが、より傾注観察法もうまくできているような気がするからです。あくまで個人的な経験によるものですが、ご参考までに。よかったら試して見て感想を聞かせてください。ではでは。

No title

ご無沙汰しています。
Ko7さんはかなりマインドフルネスをモノにされているようで、すごい!そして羨ましいです(笑)自分はまだストレスがかかる出来事が起こったとき「呼吸」「そのまま」「受容」「横に置く」が咄嗟にできず、ストレスホルモンを分泌してしまったなぁと振り返ることが多いです。
さて最近バイトを始めて一ヶ月経ちましたが、やはり新しいことを始めると色々とストレスがありますね。先日今いる部署の仕事がどうしてもキツく、上司へ言って部署を変更してもらうという出来事がありました。そのとき「根性なしと思われたかな?こんなのもできない自分はダメだ。こんなんじゃ社会復帰できない、不安だ」などの思考感情で一杯になってしまいました。まだストレス耐性が十分でなく、いろいろ過敏になっているようです。調子が良いときに振り返ると大したことないと感じるのですが。
Ko7さんはすでに仕事に復帰されていますが、当初は色々と感情が揺れたり、ストレスを感じることがあったと思います。どのように対処されていたか(仕事のとき、OFFのとき)聞かせて頂けると嬉しいです。お暇なときで結構ですので、よろしくお願いします。

Re: No title

Kenjiさん、コメントありがとうございます。仕事を開始され、いろいろとご苦労されているようですね。でも、まず、始められるレベルになったことが素晴らしいことだと思います。ご参考になりますかどうか、僕なりの考えと対処方法を書いて見ます。

やはり、僕自身も、仕事を始めてからも、すぐに疲れてしまうとか、仕事の後に調子が落ちてしまうとか色々ありました。でも、最初は、そういう生じることにやきもきしていたのですが、そのやきもきすること、何とかしようとすること自体が調子をさらに落としてしまうきっかけになっていることに気がつけるようになってきました。
 今までとは違う生活の変化が生じれば、それに身体が反応してしまうことはしょうがないことです。そして、そんな自分にがっかりしてしまうことも、ごく自然なことです。だから、そういう反応で、やはり思考がまわってしまっているときは、呼吸法で意識を逃がし、時間が経過して上がってくることを待ってあげるのが最善の策だと思います。調子が落ちてしまった後でそれを上げる方法があるわけではないので、そこはとにかく呼吸法で時間を稼いで上げて、あがってくるのを待ちます。いろいろ考えてしまうと思いますが、そこは、「このくらいの事があると、この程度落ちるんだな-、まあ、今はこの程度でしょうがいない」と確認したら、あとは、悪循環に入らないようにして、待つしかないです。
 でも、この経験を繰り返しているうちに、悪くなっていく過程がもう少しよく見えてきて、自分の特徴が分かってくるようになります。そうすると、「こういうサインが身体や心にでてきているから、少しペースを落として上げる必要があるな」とか「この兆候は危険信号だから、最低限のことだけで、あとは呼吸法」とか、おちる前にある程度対処ができるようになってきます。
 だから、マインドフルネスをやっているからといって、体力がつくわけでもないし、落ちこまなくなるわけではないです。ただ、その兆候、自分の特徴を把握し、少し早めに準備しておけるようになるといった感じです。
 今までは、「明日は天気になるはずだから、傘はいらない、走っていく」と勝手に自分で決めてしまっていたのが、「今、この空模様だと、少し天気が下り坂になりそうだから、傘を用意しておこう。出かける時間を少し早めにしよう」など対処ができ、実際に雨が降ったときにも、決して雨が良いと思っているわけではありませんが、そこまでつらい結果にならずに済んでるといった感じです。
 そういう観点から考えると、部署を変更してもらったというKenjiさんの判断は、自分の体調をよく把握し、ベストな選択をされているのだと思います。後は、その後でてくる思考に対して、それをぐるぐるまわさないように、呼吸法を使ってあげて和らげてあげればいいように思います。特に、ここで、「こんな思考をしてダメだ」とは思わず、そんな思考をしてしまう癖を持っている今の自分をも、そのままにするように、呼吸に意識をむけるようにしてみてはどうかと思います。

 僕も、まだまだマインドフルネスの修行の途上です。うまくいかないことがたくさんあります。でも、そのうまくいかないことがあったときこそが、新たなマインドフルネスのレベルにあがれるチャンスだし、学びの機会でもあるなと最近感じるようになってきました。いきなり、三段跳びで上達するわけではないので、いままだ未熟な自分と一緒に日々の瞑想と呼吸法に取り組んで行こうと思っています。
 伝わりにくかったらすみません。コメントをお読みする範囲では、Kenjiさんのマインドフルネスもすごく進んできてらっしゃるように思えますし、まったく問題ないと思いますよ。こちらこそ、Kenjiさんの努力に脱帽です。これからも共に頑張っていきましょう。今後ともよろしくお願いします。

追伸:具体的な事としては、仕事中、ネガティブな思考がまわりそうなときは、呼吸法をやりながら呼吸を数える、今している仕事で傾注観察法をする、などの対策をしてました。休みの日は、無理に今の体調を改善させようと思わず、身体と心を休めるという意味で瞑想や呼吸法の時間を多めにとってたりしたように思います。眠りが浅くなったときは、眠剤を少し増やすとか、あまり「これはいけない、こうすべきだ」とか思わず、必要だなと身体が感じていることをしてあげていたように思います。人によると思いますが、調子の悪い休日にパソコンやテレビを見過ぎると余計悪化したように思います。急に運動をしたりするのも良くなかったかな。ついつい、もっと体力がついたら仕事もこなせるかなとか、運動したら気分もリフレッシュするかなとか、思って普段していない運動をしたくなるのですが、だいたいそれは悪化させてしまう原因でした。その思考法自体が、今の自分をなんとかして変えようとしているTo Do思考なんですよね。調子が落ちているのだから、自然に、基本は身体や心を休めてあげる、その手段として何もしないというのは難しいので結果的に瞑想や呼吸法で時間をつぶしていたように思います。時間がたてば、ぜったい回復してくるので。ただ、いつも続けているヨガとか、体操とかはなるべく続けるようにはしてました。あまり具体的な提案がなくすみません。

いつもご丁寧に返信して頂いて、本当にありがとうございます。ko7さんの優しさ、律儀さは素晴らしいです。参考にさせてもらいます。
これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR