FC2ブログ

  訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次
自己洞察瞑想療法の講習会なども始めました! → マインドフルネス@つくば

不安は消えるか?

 今日は、「マインドフルネスを続けていったら、不安や恐怖感はなくなるのか?」という事について、すこし書いてみようと思います。
 というのも、先日、「仕事を休んでいた時や、仕事を再開したときに、不安や恐怖感はありましたか?」という質問を頂いたからです。
 
 仕事を休む前は、もちろん、不安や恐怖心はありました。というか、それしかないというぐらい、心の中、頭の中は、不安や恐怖心で一杯でした。仕事に対しても、まったく自分の自信がなくなっていましたが、瞬間瞬間が恐ろしかったです。悪いイメージしか想像できず、あんな事が起こったらどうしよう、ああしたのはまずかったかな、とかそんな事ばかりが頭を駆け巡っていました。

 休職中も、その不安や恐怖心は続きました。もう、同じ仕事には戻れないだろうと思っていました。
 家に居ても、仕事の事を考えれば、失敗しているところとかしかイメージできず、夜も、夢では昔の職場が出てきたり、どんなに頑張ってもうまくいかない状況の中であせりまく悪夢をみたりしました。

 そして、SIMTをやるようになり、今は、同じ職場ではありませんが、同じ職種の仕事をしています。まだフル勤務ではありませんが、でも、比較的生き生きと仕事ができているように思います。

 では、不安や恐怖心がないかというと、そんな事はありません。

 新に仕事を再開するときは、すごくまよったし、最初の仕事に行く前は、どきどきして、前日には眠れませんでした。
 もちろん、無理して仕事を再開したわけではなく、ちゃんと、SIMTを始めて、症状が改善してきて、これならすこし始められるかなと自分で感じてから、仕事を再開した訳ですが、それでも、やっぱり、最初は凄く不安と恐怖心がありました。

 最初に仕事を再開してから1年以上になりましたが、やはり、この不安感と恐怖心はゼロにはなっていないです。でも、その強さと持続時間は短くなっていると思います。
 マインドフルネスを続けているからといって、不安や恐怖心がなくなることはないと思います。
 でも、その不安や恐怖心を感じている事を自覚でき、それがどの程度自分に影響するのかとらえられてきているから、その不安や恐怖心に大きく振り回されることが少なくなってきているように思います。

 そして、マインドフルネスを続けて行くうちに大きくかわった点というと、今は、不安や恐怖心を完全に消すことなできないということを実感していると同時に、不安や恐怖心を感じても良いのだ、そんな自分でも良いのだと、肯定できるようになったことが、すごく大きいように思います。
 
 以前は、こんな風に不安を感じているようでは仕事なんて再開できないとか、こんな恐怖心があるようでは病気は治らないとか、不安や恐怖心を感じることに焦ってしまっていました。
 でも、今は、初めてのことであれば、緊張したり不安に思ったりするのはあたりまえのこと、とある程度割り切って、その不安を感じながらも、とにかく今、できることをしていく、不安や恐怖心を抱えたままでいいから続けていくという風にとらえられるようになりました。
 もちろん、不安があまり強くなりそうなら、一時的に抗不安薬をのんで対処していた時期もあります。緊張で寝不足になるのが心配な時は、少量の眠剤を必要としたときもあります。でも、それを、不安に耐えられない自分がダメだとか、眠れない自分がダメだとか、すぐに評価したりせずに、そんな自分がいてもいい、そんな自分で今やれることをひとつひとつして行けばいいと、今、ここの生活に集中してやっていくようにしました。ここが、マインドフルネス的な実践の部分だと思います。
 そうして、過ごせていくと、意外と緊張したままの自分でも、不安なままの自分でも、それなりにその日を過ごせてることがわかってくるんです。そうすると、薬を使わなくくても、多少の不安があっても、寝不足があっても、そこそこの日を過ごせるようになってきます。それが続いていくと、もう、薬は使わなくても過ごせる日々が続くようになってきます。
 時に不安が多少ぶり返す日々がありますが、天気と同じように、毎日はかならず違うようにできているいので、調子が優れない日は、調子が優れないなりにできることをやったら、それがその日の100点、ととらえて過ごしています。

 そうすることで、徐々に、自分の中での「不安」とか「恐怖心」とかの重要度は少なくなっているので、それに振り回せされることも少なくなってきて、またその「不安」や「恐怖心」は、固定されたものではなく、来ては去っていくものだと気づいているので、それをふくらませて持続させることなく、結果として、早めに小さくなり消失していくという結果になっています。

 これが、今の現状です。
 おそらく、今後も、状況が変化したり、仕事を増やしたりすれば、多少の波はでてくると思います。
 もし、その波が、少々、自分が受け止めるには大きすぎるなと思えば、すこしへらしたり、休む時間を増やしたりすればいいし、許容範囲だなと思えば、しばらくその波と共に過ごしていけば、またその先に、道が見えてくるかなと考えています。

 以上が、今までと、今現在の、私の「不安」や「恐怖心」とのつきあい方です。
 この辺は、SIMTの実習でいうところの、「不快事象の受容の実践」と非常に関係が深いところかなと思います。
 SIMTやマインフルネスでの2大原則「判断中止と徹底受容」のうちの、「徹底受容」の部分ですね。

 たんなる我慢や、拒否、無視とは違う、この「受容」の仕方を実感できると、マインドフルネスの実践は、一歩、大きく前進できると思います。

 また、別の機会に書いてみますね。
 
 今、苦しんでいる方々、不安や恐怖心で一杯の方々もいると思います。
 不安や恐怖心を感じることは、決して悪い事ではありません。それ自体は自然の反応なんです。
 おつきあいの仕方さえ覚えれば、そして、マインドフルネスの実践を続けて行けば、自然と、振り回されなくなってくるものだと思います。
 ぜひ、あせらずに、実践を重ねていってみてください。
 あなたの調子が、よくなることをお祈りしています。

  ではでは、今日はこの辺で。
 少しでも参考になることがあれば、幸いです。 よかったらまたのぞきに来てみてください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR