FC2ブログ

  訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次
自己洞察瞑想療法の講習会なども始めました! → マインドフルネス@つくば

すっかり時間がたってしまいました。(今の課題と取り組み状況)

 前回は昨年の11月の更新だったので、そこからすっかり時間がたってしまいました。

 コメントのお返事では、少し現状にも触れていたのですが、実は、前回の更新後、体調が悪化してしまい、昨年12月の中旬より、仕事をお休みして治療に専念しておりました。

 何とか仕事だけは続けていきたいと思っていたので、つからったのですが、冬の寒さで自律神経症状が悪化してしまったこと、少し落ち着いたと思って、そんな中、頑張ろうとしてしまったことも、自分のストレス反応を悪化させる原因になったようです。

 最終的には冷えで腹痛・下痢が頻発し、体力がどんどん落ちてしまったこと。ストレス反応によりぎっくり首になって痛みで動けなくなったことで、ダウンしてしまいました。

 しばらくは、身体を起こすのもしんどく、ほぼ寝ていないと生きていけないような状態でしたが、年明けに真武湯という漢方薬を使ってから、少し体調の改善が見え、現在は、リワークプログラムというのに参加しながら、自分の心の在り方や課題と向き合って、仕事への復帰を目指しております。

 リワークについては、規約があり、詳細を書くことはできないのでが、だいぶ元気にもなってきたので、ここまでに自分が陥ったポイントや、その中で見つけた自分の課題、それへの取り組みなどを少し書いていくことができたらなと思います。

 また少しずつ書いていこうと思うので、よかったら読みに来ていただけたらと思います。

 今回、体調を崩したきっかけが、家づくりを志し、それでストレスをためてしまったことだったのですが、自分のキャパとどの程度の活動やストレスなら抱え込めるかということを見誤ってしまった部分が大きかったです。

 そのあたりのことは前回のブログでも書いたのですが、結局、その結果、自分を責めてしまい、ペースを落とすべきところで、頑張ろうとしてしまったというのが結局休職まで行く過程では大きかったと思いました。また、体調も、少しの気候の変動にも影響されるほど、体力を落としてしまったというのもあったと思います。

 何とかマインドフルネスのテクニックを駆使してと思っていたのですが、身体自体の調子が、かなり落ちてくると、意識を集中させること自体が困難になり、逆にネガティブ思考を回すことになってしまっていました。

 私のマインドフルネス自体が未熟だったことも大いにあると思いますが、やはり心と体はつながっていると強く感じました。
身体の調子が悪化すると、どうにも前向きに考えたり、思考を手放すことが難しくなってしまいます。

 そこで、体調を整えるためにと、漢方を再度試してみました。
 1月上旬に真武湯という漢方に出会い、冷えで悪化する下痢に効果があるといわれているのですが、これが著効し、下痢や下痢をしたあとのどうしようもない疲労感には改善の兆しが見えました。

 しかし、その後、色々漢方を勉強しながら試してみたのですが、やはりベースの体力が落ちている状況自体を改善することはできません。当たり前ですが、身体を動かさないと体力はついてきませんね。
 自分でも体力が落ちている事の自覚はありましたし、疲れやすいというのは、うつの再発をしてから強く感じていたのですが、運動などをすると、すぐ疲れてしまい、その後に精神的な波も出てしまうため、どのように取り組んでいったらいいか、わからずにいました。

 そこで2月の終わりから、リワークプログラムに参加し、リハビリを行っていくこととしました。

 先ほども書いたようにリワークの詳細は書けないのですが、そんな中で、自分の課題が見えてきたので、それについて次から書いていこうと思います。

  課題の一つは
   ① 絶対的な体力のなさ、体力をつけていくことで、自律神経を整えていく。
   ② 自己肯定感の低さ。自分を責めるという事をやめて、自分を認めていく
   ③ ストレスコーピングが少なさ。 ストレスをためやすいところがあるため、ストレス解消法を具体的に増やしていく。

   といった課題です。

 次回は、こういった課題がどのように浮かび上がってきて、どのように現在取り組んでいるのかということを書いていきたいと思います。

  マインドフルネスや自己洞察瞑想療法からは、少し離れるように感じるかもしれませんが、「今、ここ」というテーマで、後々つながってくる内容になると思います。

 私の失敗談ですが、少しでも同様の苦しみを抱える方の一助になればと思っております。こんな失敗をする奴がいるんだと慰められるだけでもいいと思っておりますので、よかったらまたこちらのブログに訪問してください。

 最後まで読んでいただいてありがとうございました。
 不定期ではありますが、また書いていきたいと思います。
  
 ではでは、今日はこの辺で。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: No title

らいおんまるさん。おつらい時期を迎えているようですね。僕も調子にのって筋トレや体力づくりの負荷をかけすぎてしまったのか(といっても大した量はやっていないのですが)、先週末からビッグウェーブが来てしまい、今、少しペースを落として様子を見ているところです。波が来たときは、本当に「なんで良くならないんだろう」とがっかりしますし、考えが全く前向きに向かないので、本当に苦しいですが、とにかく波が去るまでは、+アルファの事をせず、思考にはまらないよう意識を他のところに向けられるような対処法をして、潜り抜けるしかないですね。波が起こるときは、必ずその前に波を起こすようなことが起こっているはずなので、その時の過ごし方を振り返って今後の糧にするしかありません。そんな振り返り作業も、基本的には波が去ってからの話ですね。どうかご無理をせず、頑張りすぎず、でも諦めずにやっていきましょう!愚痴はぜひここにきてこぼしていってくださいね。

No title

KO7さんこんにちは。しばらく座れない日々が続いています。家庭内のゴタゴタがあり、座った途端、私の心は悪口や、批判や、どうやって仕返しをするか、など邪悪な言葉があとからあとから湧いてきて、あっという間に1時間経ち、ぐったり疲れ、自分に嫌気がさします。自分の内面を見るのが辛くて、もう座れません。マインドフルネスワークでなくても、ちょっとでも暇になると、私の心がざわざわと騒ぎ出すので、目を背けるために忙しくして自分をごまかしています。 マインドフルネスからかなり離れてしまって、、KO7さん、助けてください。

Re: No title

みどれんじゃーさん、コメントありがとうございます。僕もまだまだ試行錯誤の最中なのですが、いくつか私なりに経験の中で気が付いたことを書かせていただきます。
 まず、瞑想しようと座っても、ネガティブな思考ばかりが浮かんでくるというお気持ちは大変わかります。私自身もマインドフルネスを続けておりましたが、昨年、家の購入のことでドジってしまい、そのことで自分を批判する考えばかりが頭に浮かんでしまい、ある時期から瞑想すればするほど調子が悪くなってしまいました。瞑想すればするほどといっても、これは瞑想自体ができておらず、ネガティブ思考を回しすぎてしまったからなのですが、当時の自分にはどうしたらいいかわからなくなってしまいました。
 うつに限らずパニックなどでもそうかもしれませんが、このネガティブ思考、特に自己批判の思考が一番体調を悪くさせます(経験上そういう結論にたどり着きました)。自己批判の思考が浮かんでくると浮かべた数だけ、時間が長ければ長いほど、体調を悪化させてしまいます。怒りなどの他の負の感情も、結果的に「そんなことを考えてしまう自分は・・・」と結局その刃を自分に向けることになってしまいます。これは、自分の中で子供のころから作り上げられてきた良心の影響で、ついつい自分に批判の眼を向けてしまうといった性格によるものです。
 これをできるだけ止めるようにする、しないようにする、のが回復への道のりなのですが、特に何かしらネガティブな出来事、感情を大きく動かされてしまうような出来事、例えば誰かからの拒絶とか、自分の失敗や、けんかによる怒りなどがあると、どうしても、一時的に自己批判の思考やネガティブな思考を回しやすい時間が生じてしまいます。
 残念ながらこれは反射的に起こってしまうものなので、このネガティブ思考や自己批判はすぐには止められません。ただこれを膨らませないようにすることが大切です。
 例えていうと、何かネガティブなことがあって起こるネガティブな感情とそれに伴うネガティブ思考、自己批判は、タンスの角などに小指をぶつけてすごく痛がっているときのようなものです。ぶつけてしまった以上、痛みがある程度あるのは仕方がありません。しかし、この痛みはしばらくやり過ごせば、徐々に収まっていきます。痛みの強さにもよりますが、かならず少しずつ改善していきます。でも、そこで小指が痛いからと、その痛いところをどれくらい痛いかと、繰り返し刺激していると、痛みは前よりも悪化してしまうか、普通なら改善している時期になっても改善せず、ずっと長く尾を引いてしまいます。
 なので、このネガティブ思考をいかに少なくするか、ネガティブな思考や感情が引いていくまで、いかに意識を他にそらすかが大切になります。
 座ってやるマインドフルネスでも、それが本当にうまくできていれば問題ないのかもしれませんが、普通の人だと、じっと座っているというのは、実は思考を回しやすい状態でもあります。なので、そんな時は、軽作業をして意識を別にそらすことが大切だと思います。SIMTだと傾注観察法がそれにあたります。
 軽作業といっても、すっかりやりなれてしまって、その作業をしながら他の事を考えられるような作業では、結局、思考に引っ張られてしまうので、少し意識を集中してやらなくてはならない作業がよいです。
 私の場合、部屋の掃除や料理などの家事はちょうどいいように感じています。ポイントは少し注意してやらなくちゃいけないくらい意識を向ける必要のあるもので、疲れすぎないものということです。
 お手玉をお勧めしている本もあります。誰かと話すというのもありです。話すときは相手の話を聞くことに意識をむけなければなりませんから。
 一番良くないのは、横になって、ずっとネガティブな思考や自己批判を回し続けることです。それだとせっかく身体を休めていても、その間、ずっと自己批判で自分を傷つけ続け、逆に心は疲れ切ってしまいます。
 もし体調が悪すぎて動くのが難しいときは、呼吸や寝ながらできることでも構わないので、繰り返し繰り返し、呼吸や今している作業に意識を戻して、できる限りネガティブ思考を回さないことが大切です。
 そうすると、時間はある程度必要かもしれませんが、かならず気分や感情、思考が復活してくるときがあるはずです。
そうしたら、またマインドフルネス瞑想を座ってやってみてもいいかもしれません。

 みどれんじゃーさんの状況にあっているかどうかわかりませんが、参考にしていただけたら幸いです。

No title

KO7さん、すぐにお返事をくださり、ありがとうございます。 批判の心、怒りの心に支配され、苦しくて苦しくて、どうにもならない私に手を差し伸べてくださって、助かりました。 今ミシンを出してきました。服を縫うことにすぐ決めましたので、とにかく、「やり過ごす」ことをやってみます。

No title

報告をやっと申し上げられる状況になりました。
KO7さんのご経験による励ましとアドバイスは、
おぼれて沈みそうになる瞬間に這い上がれたと言っても
大げさではありません。何より、体調が完全に回復してないKO7
さんが、見知らぬ私に渾身のメッセージをくださったという
そのお気持ちが、私を癒し、違う涙がでました。
息をしてるだけであふれ出てくるネガティブ思考や自己批判
この夏は、縫い物をしながら「やり過ごし」てきました。
ここまでくるのに、ほんとに時間がかかりましたが、
あれ?落ち着いたかなと感じだしてから、1週間がたちます。
瞑想しても、つぶれずに観察をすることができそうだと感じ、
今日から復活します。 助けてください、
本当にありがとうございます。

Re: No title

みどれんじゃーさん、少しでもお役に立てたようでよかったです。本当にしんどいときは、とにかくやり過ごすのが大切です。そのための手段をひとつでも二つでも、できれば複数選択肢を持てるとそれだけでも少し気分が楽になります。そして、自己否定の自動思考をする時間を少しでも減らすとそれとともに体調が回復してきますので、これからもぜひ続けてやってみてください。座っての瞑想や呼吸法で、どうしても思考が巡ってしまったり、意識が他へ行ってしまうようであれば、様々な活動の中で傾注観察という形で瞑想を続けても、それも一つの方法と思います。ご自身にあったやり方を見つけてみてください。私もまだまだですが、回復の途上にあります。引き続き、自分の身をもっていろいろな方法を試してみようと思います。更新のペースはすっかり遅くなっておりますが、こちらのHPで時々、自分なりの工夫や考えを更新していきたいと思います。また何かご質問などある際は、気軽にコメントをしてください。ではでは、お互い諦めず、でもがんばりすぎず、やっていきましょう!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: セッション終了後の悪化

「まるちゃん」さん、コメントありがとうございます。お返事が遅くなりすみません。長くなりそうだったので、新たに記事として書いてみました。少しでも参考になることがあれば幸いです。人生、本当に思うようにならず、つらいことも多いですよね。でも、どうか諦めず、頑張りすぎず、少しずつでもいいので、できることを続けていっていただけたらと思います。また記事でわからないことや何かあれば、いつでもコメントくださいね。僕も少しずつやっていきます。
これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR