FC2ブログ

  訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次
自己洞察瞑想療法の講習会なども始めました! → マインドフルネス@つくば

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本当にやりたいことが見えてくる。

ゴールデンウィークですねー。
我が家は、お出かけもせず家におります。。。。先週、僕も風邪をひいてしまい、まだ本調子ではありません。
子供たちを公園などに連れ出したいと思いつつ、まだ身体がすっきりせずウダウダしております。
これも身体が必要としていることと思って、したがっています。

 さてさて、今日は、自己洞察瞑想療法を続けて、自己のマインドフルネスを深めていくと、本当にやりたいことが見えてくる、ということについて、書いてみようと思います。

 以前、ブログ記事「価値や願いを一度すててみよう」にて、価値や願いについて書いてみました。

 詳細は一度、読んでいただければと思うのですが、価値や願いというのは、モチベーションを維持し、改善に向けての努力や実践を続けるためにはとても大切なのですが、それを強く持ちすぎたり、こだわったりしてしまうと、逆に自分を縛り苦しめることになってしまうということを書いてみました。

 価値や願いを手放すことと、本当にやりたいことを見つけることは、真逆の方向に感じてしまいますが、実は、価値や願いを手放していくことで、本当にやりたいこと、本当に自分が大切にしていることというのが、見えてきます。

 普段、生活している中で、我々が「こうありたい、こうしたい」という願望というのは、実は、とても制限された状態にあり、場合によっては、自分の真の願いと真逆の方向のことであることさえあります。
 特に、うつや不安障害の状態のときは、思考も制限されますし、自分の可能性自体がかなり過小評価されている状態です。
そのような状態で描いた理想や願いは、必然的に本来の自分から発せられたものではありません。

 私自身、鬱で苦しんでいた時、私の願いは、「とにかくうつ病を早く治して、仕事に戻ってキャリアアップしたい」というものでした。
しかし、実はそれは願いというより、「そうしなければ」という義務感に近いものであるということが、SIMTの実践を続ける中で気が付いていきました。
 
 実は、多くの人は、この時の私のように、「自分の中の義務感」のようなものと、「自分の本当の願い」というものを取り違えてしまっていることが多いです。

 そして、その多くは、自分の中から湧き出てきたものではなく、外から押し付けられたもの、もしくは借り物のようなののものなのです。

これは、いつの間にか、他の人に勧められてきていた服を、自分自身の身体と勘違いしてしまったような状態です。
 
 この他人に勧められた服に例えられる価値観というのは、 古くは、親の考え方や学校での教育、子供のころの友人との関係、影響を受けた本など、大人になってからも、職場、メディア、流行、常識など、様々なものがありまして、僕らは普通、歳をとればとるほど、こういった外からの価値観を重ね着をしていってしまっています。

 この時、一番上に来ている数枚の服については、新しい情報を得たり、本を読んだり、感銘を受けたりすると、着替えたりすることが可能です。
 つまり、ある程度は、自分の考え方や価値観を変えたり、生き方を変えることは、ある程度は可能なのですが、昔から着続けている服=古くからある価値観や判断基準は、自分がそれを着ていることすら気が付かず、変えることが難しい状態にあります。
そして、それらが重ね着された状態では、自分の動きがどんどん制限され動きにくく、息もしずらくなっていくのですね。
 
 なので、本来の自分、自分のやりたいこと、内から湧き出るような希望を知るためには、これらの価値観をぬいでいくことが大切です。そして、そのためには、まず、自分がどんな服を着ているかということを認識することが必要です。

 その服を認識する作用が、自己洞察瞑想療法では、洞察なのですね。

 それはいくら頭で考えていても、みつかりません。自分の服はどこから服で、どこから身体なのか、見えていない状態でいくら考えていても、しょうがないのです。

 ひたすら、今ここで起こっている現象を、洞察していきます。いいと思われることも、悪い、嫌だと思うことも、一度、その評価をわきにおいて、よく見ていきます。そうすると、ふと行動していったときに、自分の身体が突っ張って、着ている服が意識されるように、自分の中で働いている価値観、SIMTで言うところの本音というものが見えてくる瞬間があるのです。

 それに気がついただけでは、すぐにその価値観を脱ぎ去ることはできませんが、繰り返し洞察を続けていくと、どんな状況でそれが働きだすのか、そもそもその根本にある体験や基準は何なのかがわかってきます。
 そこまでいけば、その価値観から距離を置くことができます。自分の着ている服の端がわかってきて、その価値観を自由に脱ぎ気できる状況になってきます。その価値観自体は、決して悪いものではなくて、それを身に着けたときには、それが生きていく上で必要であったということです。しかし、そのような価値観を身にまとい続け、自分本来の動きが制限されてきてしまうと問題が生じます。なので、それを理解し、使い分けられるようになれば全く問題ありません。

 そうして、自分の動きが軽くなっていくと、だんだん、自分自身がどのように動いていきたいか、何をしたいかということがわかってきます。そして、より深く自分を知っていけばいくほど、自分を自由に開放してあげることができてきます。

 それは、当初自分が望んでいたものとは違うかもしれません。でも、もっと肩のちからを抜いて、自然に動いていけるような方向性のはずです。

 しかし、そのようにして見つけた願いや価値観も、もしかすると自分の着ていた服のひとつに気が付くときがくるかもしれません。

 さらに深く、見つけた価値観や願いを手放していきます。そうすると果たしてどのような自分がみえてくるでしょうか。

 それは、本当にワクワクする体験です。自分探しの冒険です。

 どこまでも、どこまでもこのようにして自分を深めていくことができます。そして、深めていけば深めていくほど、心も体も自由になっていくのです。

 さて、今日は、価値や願いを手放すことで、本当にやりたいこと、本当の自分の価値に気がつけるという話をかきました。
価値や願いを持っていることを悪く思う必要はありません。それを無理に手放す必要もありません。ただ、今自分が持っている価値や願いは、仮のものかもしれないとして、一瞬、横においておいて、それがない状態で、今、何が起こるか、ということを丁寧に見ていけば、いいのです。

 頻度が減ってしまっていますが、また気ままに更新していきたいと思います。よろしければ、またぜひご覧ください。

 ではでは。



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

新しい記事、ありがとうございます。
嬉しいです。


>「自分の中の義務感」
というのは、本当によくわかります。

家族が、友人知人が、社会が、世間が。
何かを思ったり、行動しようとするたびに、
周囲はどう思うかが常に付きまといます。
これを「自分を客観視出来ている」と思ってきましたが、
何か違和感を感じてもいます。
自分が決めて、自分がしたいと思ってしている行動のはずなのに、
なんだか疲れている気がする…。

SIMTだったらこの正体がわかるのですね。
新しい自分がいるなんて信じられない事ですが、
もし本当に出会えるならすごく楽しみなことです。

遅々として先へ進まない実践状況ではありますが、
今回の内容は実践を続けるモチベーションになりました。
ありがとうございました。

Re: No title

JUNさん、コメントありがとうございます。
そうなんですよね。自分が周りの気持ちや状況を感じて、自分で決めて行動しているつもりでも、気づいたら「やらされている」「やらねば」という風になっていて、疲れてしまう。自分で始めたことなに・・・っていうことよくありますよね。
ついつい、自分が客観視できたと思って、それが真実だと勘違いしてしまうのですが、実はそれが自分の妄想だということが多いです。それに気が付いた時には、愕然としてしまうこともあるのですが、実はその奥に、自分の本当の声があります。
さらにその奥には、自分というものを超えた声があるのですが、それはかなり深い場所なので、あせらずにやっていただければと思います。
 おそらく、新しい自分を見つけるというよりは、「思い出す・取り戻す」という感じに近いのかもしれません。
人は「いること、あること」それだけで意味を持っているのですが、余計な情報や知識で、その意味を覆い隠してしまっているような状態かと思います。

 言葉で表すのは難しいのですが、また少しずつ自分の言葉で書いていこうと思います。疑問や質問、反論などがあったらぜひまたコメントくださいね。
 


これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。