訪問ありがとうございます

はじめての方はこちらの記事をご覧ください → はじめに (2014/9/21)
記事一覧や目次をご覧になりたい方はこちらをどうぞ → 記事一覧・目次

価値や願いを一度捨ててみよう! 上級編(回復後の話)

前回は、価値や願いを一度捨ててみようというテーマで、実践のやり始めに出やすい葛藤や苦しみを、価値や願いという観点から解説してみました。

今回は、ある程度、自分の症状が改善し、自分の中の衝動や本音と付き合いながら生活をしていけるようになっても、まだ「価値」や「願い」といったものが、自己を深めていくうえで障害になりうるということを書いていこうと思います。

SIMTで自己洞察を深めていって、自分の病気や症状の特徴がある程度掴めて、そういったものと付き合っていけるようになると、生きていくことが、そして生活していくことがだいぶ楽になってきます。
様々な症状やストレスがあって、それに対して、様々な感情や衝動が起こっても、その中である程度、自分の価値にあった、そして価値を実現する方向への行動というものが選択できるようになってくるんですね。
もちろん、毎回、価値実現の行動をできるわけではありませんが、そういった選択、行動をできることが増えていきます。
そんな中で症状も少しずつ落ち着いていきます。

しかしですね、そういった生活をして、自分なりにある程度満足のいく行動がとれるようになってきても、生活の中でやっぱり葛藤や違和感を感じる状況があるんですね。
というのは、自分としては、自分の価値に基づいて、自分なりにベストだとかベターだと思った行動をしたのに、自分の中に怒りや戸惑いといった感情が出現するような状況に気づくことが出てきたんです。
そんな自分を洞察すると、それは、それまでのように、自分の衝動的反応とか本音に基づいた評価の結果生まれた感情、つまり「こんな衝動的な反応をするなんて、俺ってダメだな」というものではなく、自分が洞察の結果、できるだけ本音や独善を交えない形で築き上げてきた価値に基づいた行動の結果としての感情、もし言語化するならば、「この状況で、洞察をして、一番良いだろうという判断をしたのに、なんでこんなに理不尽な対応をされなくてはならないんだ」といった感情であることがわかりました。

そういったできるだけ偏見や独善的な基準を排除した価値にもとづいた行動で、それまで体調も改善し、自己実現に結びつく結果につながってきたはずです。

最初は、なぜ、そういった感情が生じるのか自分でもよくわかりませんでした。
でも、確かにそういったことが時々あり、自分の中でそういった感情の置き所に困ることがありました。

ただ、その感情を抑え込もうとすると、それはさらなるストレスを生み出してしまうので、そこはSIMTのマインドフルネスな態度を貫いて、「今、自分はこういうつもりで行動して、結果としてこんな感情が、これくらい生じているんだなあ」と観察して、そこから「なんでだろう」ということを、ついつい考えたくなるのですが、深追いしないように、できるだけそのままにして、流して様子をみていました。

そうするうちに、あることに気がつきました。

僕が価値に基づいて行動した時に、その価値が、誰か他の人の価値とぶつかった場合、どうやらそのような感情が浮かびやすいことに気がついたのです。
価値に基づいた行動をするときの価値とは、SIMTの洞察をしながらの価値ですから、できるだけ1人よがりの価値ではなく、その状況やそのときの相手にとっても、良い結果を招くだろうと判断しての価値です。
だから、多くの場合、状況にあった、相手がいる状況でも、その場にいる人がある程度、みんな受け入れてくれるといっった場合が多いです。そして、それまでは、その結果、まわりの人にも喜んでもらえて、自分の喜びにつながっていくことが多かったのです。

しかし、まれに自分が良かれと思って選択した価値や行動が、受け入れてもらえなかったり、誰かの価値とぶつかってしまうことがあります。
特に、自分が色々な角度から洞察した上で、絶対にこの判断がいいはずだ!と思ったときであると、それが拒絶されたり、受け入れてもらえなかったりしたときに生じる憤りや怒りの感情も、とても強くなります。

そんなときに「こんな良い選択をしているのに、なんでそんな理不尽な対応をされなけならないのか」とか、「なんでこんな理不尽な状況にいなくちゃならないのか」といった憤りの感情が心に渦巻いてしまうわけです。

でも、読んでいる方はもうお気づきかもしれませんが、「こんな良い選択をしているのに」といったときに、その中に多かれ少なかれ自分の偏見が入ってしまっているわけです。
もちろん、それを完全に取り除くわけにはいきません。
でも、それで憤りを感じてしまうということは、その後ろに「私の判断したこの事は、絶対にただしい」という本音が働いているわけですね。

どんなに正しく見えることでも、本当にそれが正しいかどうかは、それを判断する人によって変わります。
例えば、食べ物に飢えている戦時下の子供に、食べ物を与えることは正しいように思えますよね。
でも、その子供がたまたま他で食べ物をもらってお腹いっぱいだったり、たまたま体調が悪くお腹の調子が悪くて食べ物が食べれないときかもしれません。
そんなときに、食べ物を渡されても実は迷惑だったりするかもしれませんよね。
しかし、そんな事情をしらないとしたら、食べ物がないだろうと思って差し出した食べ物を断られたら、
「なんでせっかくあげようとようとした食べ物を拒否するんだ!」と憤りの気持ちが生じませんか?

確かに、丁寧にその状況の説明をいってもらえれば、納得するかもしれませんが、そうでなければ憤りのが生じるはずです。場合によっては、その状況を聞いてもすっきりしないモヤモヤが残るかもしれません。

SIMTを続け洞察を続けていくと、自分の価値や願いも磨かれていきます。
しかし、自分が自由に動けるようになってくると、ついつい自分の価値や願いが素晴らしいものだ、さらには絶対的なものだと勘違いしてしまうことがあります。


そういった状況に応じて適切に動けるようになった自己は、西田哲学においては意志的自己を超えて、叡知的自己といいます。そのような自己は、行為的直観といい、様々な状況において、見た瞬間に独善的な判断を離れ、適切に判断をし行動ができるようになります。

しかし、自分自身の判断、評価を絶対としてしまうと、そこに間違いを起こしてしまう落とし穴があります。
自分の正しさを押し付けて、他の人の価値や判断が認められなくなってしまいます。
そうするとそこで、自己の成長は止まってしまいます。

やはり、ここでも、「自分の価値や願いを一度すててみる」という態度が必要になります。
例え、自分が正しいと思っても、そこで、一度、自分の正しさや価値を横において、状況を改めて落ち着いてよくみみることです。決してその憤りを起こさないようにするのではありません。
自分の価値を否定されれば、だれでも気分が良くはありません。
ただ、そこで、自分の価値を押し付けるのではなく、それを一度、横において、状況をただ良くみていきます。そして、待ちます。
そうすることで、今まで自分が気がつかなかった背景や、さらには、自分がそれは間違いだと思っていた判断も、状況によっては、必要な判断であったことに気がついて、さらに自分の幅を広げるきっかけになるかもしれません。

むしろ、自分の行動が自由になっていけばいくほど、憤りを感じるような場面にこそ、自分の成長をもたらすきっかけが隠れていることがわかってきます。

さて、今日は、自己洞察が進んできた先にも、「価値や願いを一度すててみる、横においてみる」という態度が大切なんじゃないかということを、例をあげながら書いてみました。

ちょっと西田哲学などわかりにくい言葉も出てきましたが、大切なのは、頭で理解することではありません。
SIMTでは、初心者も、経験者でも、基本的には行っていく実践の内容に変化はありません。
丁寧に丁寧に、実践の内容を深めていけば、理解は自然とあとからついてきます。

ぜひ、日々の実践を大切にお過ごしください。

ではでは、また時間のあるときに書いてみようとおもいます。
お時間のあるときに、ぜひご訪問ください。

価値や願いを一度捨ててみよう!

早いもので、前回のブログよりすでに一か月たってしまいました。

今日は、価値や願いを一度捨ててみよう!というテーマで書いてみたいと思います。
「価値」や「願い」というものは、だれでも持っているもので、決して悪いものではありません。セッション4でも、「価値」と「願い」をしっかりと確認し、実践を続けられるモチベーションを維持することが大切なことが取り上げられています。

しかし、この「価値」と「願い」というのの扱い方を間違えてしまうと、自分自身をどんどん苦しめてしまうことになりかねません。
なので、今回は、この「価値」と「願い」というものとどのように付き合っていくかということを書いてみようと思います。

僕が、この「価値」「願い」について考えていく中で、大きく、実践をやりはじめの初心者と、しばらく続けた実践者、中級者の方とで、「価値や願いを捨ててみよう!」という理由が少し違うように感じました。なので、まずは初心者向けの「価値と願いを捨ててみよう」について書いてみようと思います。

 うつや不安障害を治そうと思ってSIMTに取り組んでいる方々において、この「価値」「願い」というのは、とても重要かと思います。
「早くよくなりたい!」「この体調から抜け出したい!」「早く仕事に戻りたい!」「仕事じゃなくても、まともに生活できるようになりたい!」などなど。
 
 かなり切迫した強い願いをお持ちではないでしょうか。

 しかし、その願いをあまり強く持ちすぎると、自らをどんどん苦しめる結果になってしまいます。
 なぜなら、それはあくまでも、「長期的目標」、目指す先であり、今すぐかなえられるようなものではないからです。
確かに、目的、目標は大切です。これがなかったら、どこに向かえばいいのかわからなくなるし、これがあるからこそ日々頑張れるわけです。だから、この「願い」そして「目標」といったものを持っていること自体は、決して悪いことではありません。
 ただ、それが、今すぐかなえたい目標、つまり短期的目標になってしまうと、何かと不都合が起こってきます。

 なぜなら、その理想像が、今すぐ可能ような状況なら、あなたは今ここで、うつや不安障害などで苦しんでないわけです。
 今までそこから抜け出そうともがいてきたのに、それができないから苦しんでいるわけです。そんな中で、この目標や願いだけが独り歩きしてしまうとどうなるでしょうか。
 「こんな自分でありたい」という理想像がどんどん強くなり、どんどん目標が高くなればなるほど、今の自分とのギャップは大きくなってしまいます。そして、人が落ち込んだり、不安になったりするのは、この「理想像と今の自分とのギャップ」によって引き起こされます。だから、このギャップが大きくなればなるほど、無力感も強くなります。

 そこで、SIMTにおけるマインドフルネスというのの定義を思い出してみましょう。
 マインドフルネスというのは、常に「今、ここ」の自分を独善を排して観察・洞察し、その上で、判断、行動をしていくものです。
 あくまで、観察や洞察の対象は、「今、ここの自分」なんですね。
 「価値や願い」「目標や理想像」というのを持つこと自体は問題ないのですが、そればかりを意識して、自分の思考作用が作り出している幻ばかり追いかけていっても、「今、ここ」を観察するマインドフルネスからはどんどん離れていってしまうばかりです。

 しかし、我々は、幼いころから、今の自分よりもっと高い理想や目標をもって、それに向かって努力することを教育され、しつけられてきました。今の自分に満足することは、おごりや怠慢といった風にすら考えられてしまったりします。
 だから、ついつい、何をやるときにも、この「理想像」や「目標」を作りたがってしまいます。
 
 身近なところで言えば、座って瞑想をやるとき、「~分できなきゃダメだ!」とか「もっと気分が良くなるはずだ!」とか。
 実践を続ける中で、「これだけやっていれば、もっと体調がよくなるはずだ!」、仕事を始めれば、「毎日、朝から夕方までフルで仕事をしなくちゃ」とか。
 ついつい、いろいろと勝手な「価値や願い、目標、理想像」を定め、そうできないことに落ち込んでしまいます。
 そして、それが達成できない自分をダメだと評価して、苦しくなってしまいます。

 ここで、注目しなくてはならないのは、「~であるはずだ」という理想像の方ではなく、そうてきない自分自身の状態の方なのですね。「今、ここ」の自分自身を観察して、「今の自分は、~分くらい瞑想していると、やめたくなる気持ちが生まれるんだな」とか、「良くなってきていると思っていたけど、こういう日には体調が悪く感じるんだな。こういう部分はまだよくなっていないんだな」とか、「これくらいの仕事ならこなせるけど、このレベル以上に頑張ると、ぶり返しがきて体調が崩れるんだな」とか、そういう観察・洞察が、とても大切になります。

 でも、ついつい「こうありたい」ということが先になって、否定的評価をし、落ち込んでしまいます。これは、もう習慣です。
 だから、思い切って「価値や願いをすててみよう!」というタイトルにしたわけです。

 自分が、「こうありたい」「このほうがいい」などの願いが出てきたら、「いや、そうじゃなくてもいいんだよ」「まずは、今の自分をみていこう」と、次々にわいてくる願いや理想を、一度、横に置いてみる、自分の手から放してみるという事を、習慣づけていくと、実践をするのが楽になってきます。
 今日の自分には、今日の自分があり、明日の自分には明日の自分があります。今、そこにある自分がすべてです。
 頭で作り出す勝手な理想像は、一度横において、実践を続けてみましょう。

 ちょっとたとえ話で、書いてみますね。
 ある人が地方で生活していたとして、「東京に行きたい」という願いがあったとします。東京に行って、華やかな生活をすることを夢見ています。
 テレビドラマのように、「東京に行けば、こんなことができる、あんなこともきっとできる」と夢見ていますが、それを考えれば考えるほど、今の自分の境遇と比較して、気持ちが落ち込んできます。
 
 ここで、東京での生活を想像することは楽しいですが、東京での生活を調べることは夢が膨らみますが、そればかり膨らませていても、「今、ここ」の状況は、まったく変わりません。1㎜も東京には、近づきません。
 もし、真剣にその夢をかなえることを考えるなら、まず、「今の自分」を見つめなければなりません。
 今の自分が、いくら持っているのか、まずはそれが大切かもしれません。そして、今の自分に何ができるのか、生活費を稼ぐことができるのか、生活に必要な家事はできるのか、何を持っているのか、なども大切な要素ですよね。
 まずは、「今の自分の現状」をどこまでも正確に知ることが大切です。

 それが、わかって初めて、では「東京に行くためにどのような方法があるのか」という事が考えられるわけです。
 
 ポケットに500円玉1枚しか入っていないのに、「今日中に東京に新幹線で行きたい!」といくら願ってもかなえられません。
 今の自分が500円しか持っていないのを確認した上で、では、銀行口座にはいくらあるのか、そして、今後どのように、いくらくらい稼げばいいのか、そして、自分はどれくらいの収入を得られるのか、そういったことを現実的に考える必要があるわけです。

 そうすると、1㎜も東京に近づいていなかったのが、「この500円で、まずは、駅を2つ進もう」という判断がつくかもしれません。そこで、少しアルバイトをしてお金をためたら、何日か後には、もう少し進めるはずです。
 もちろん、これが最善の方法とは言えないかしれませんし、最初の駅で、まずは進まずにお金を貯めるという選択しもあるでしょう。
 でも、ただ東京に行くことだけに嘆いて日々落ち込んでいるより、ずっと現実的ですよね。

 このようにSIMTでも、いつかよくなる日を夢見て、その時の生活を思い描くのもいいのですが、そればかりを見てため息をつくのではなく、そのような願いを胸にそっと収めつつ、今の自分がどのような状態なのか、どのようなことが可能なのか、実践をしていく中でどのような変化が起こってきているのか、といったことを偏見のない目で観察しながら、実践を続けていくことが大切です。
 そうすることで、日々の実践の苦しさ自体も和らぎ、少しでも前に進めているという感覚も生まれてきます。それがわかるまでは、理想とのギャップにため息をついてしまう自分も含めて、自分を許してあげましょう。

 そして、二つ目の理由があるのですが、SIMTを経験したものとしていえることは、実践を続ける中で、「価値や願い」というもの自体もどんどん変化していってしまいます。だから、苦しい時期に思いつく「価値・願い」といったものに、あまりこだわる必要性自体がないともいえるのです。
 僕自身、うつ病で苦しんで仕事もできず家にいた時期は、本当に苦しかったです。そういった時の自分は、視野自体もすごく狭くなり、思考作用や心の働き自体も落ちているので、その状況で考える「価値や願い、理想像、目標」といったものは、実は自分が本当に思っている価値や願いではなかったりします。もしくは、本来の願いのほんの一側面だけだったり。
 
 例えば、そのつらかった時は、「とにかく家族を養って生きていくために、なんでもいいから仕事して養っていければそれでいい」「そして、そのためには、なんとか常勤で働く正社員のような仕事をしなくては」と考えたりしてました。
 実際に、そのために、早く現場に戻ろうとし、そしてダウンするのを繰り返したわけです。
 そこで、SIMTを実践し始めてみると、そもそも、そんなことができる状態じゃないのが分かってくるわけです。まずは、その段階で、今まで自分が考えていたことと、現状の自分とのギャップに落ち込むわけです。
 しかし、それでも実践を続け、自分を観察していくと、だんだん調子の波もわかってきて、一部、アルバイトのような仕事もできるようになります。そして、どんな仕事でもいいわけではなく、やはり、自分にはやりやすい仕事とストレスがたまりやすい、体調が崩れやすい仕事内容がわかってきます。そして、ある程度、お金を得られて暮らせるようになったら、別に正社員とか常勤とかにこだわらず、自分の体調を維持できる、比較的自分がしたいと思えるような仕事でまずはやっていけるようになりました。そうすると、別に「常勤であることや正社員であること」は、自分がやりたいこととイコールではなくて、それをかなえる手段がそれだけしかないと勝手に思い込んでいたからだなというのもわかってきました。
 そして、今も、ついつい勝手に考えた理想像を膨らませて、やりすぎて調子の波がでてしまうこともまったくなくなったわけではありませんが、仕事と生活のバランスを取りながら、ある程度、自己実現の方向性も見つけ出せつつやれています。

 先ほど、東京に行くというたとえ話をしましたが、現実の世界では、未来まで自分の生き方を示す完全なマップというものやマニュアルがあるわけではありません。
 今、ここから見える山の頂が、目標や価値にあたるようなものです。あんまり遠くの山の頂を目指しても、なかなか近づかずに苦しいだけです。それを遠目に見つつも、まずは、あの山の方向のあの峠を目指そうと、考えながら今いる自分の場所からの道、そして、行く方法を見つめていきます。しかし、その山を目指して日々進んみると、さらに遠くの山が見えてきたりします。
 そして、気づくと、遠くの山もいいけど、自分が求めていた生活は、その途上の村にあったなんてことが出てきます。
 
 「仕事に戻りたい」「結婚さえできたら」「子供がほしい」「あとこれくらいお金があったら」「この病気さえなかったら」いろんな願いがあると思います。でも、今、あなたが頭で描いていることは、あなたが本当に願っていることのほんの一部、ただの一側面なのかもしれません。

 一度、そういったこだわり、「願い」「価値」を横に置いて、「今、ここ」の自分を眺めてみましょう。
 今は、不満ばかりがたまる自分かもしれませんが、きっと時間とともにそんな印象も変化していくはずです。

 今日は、まず、SIMT実践し始めのころに大切と思われる「価値、願いを捨ててみよう!」というテーマで書いてみました。

 できれば、次回は、SIMTを実践し、ある程度改善して、自分の本音をさらに探っていくという段階においても、この「価値や願いを一度捨ててみる」という事が、意味あることなんじゃないかなと思う理由について書いてみたいと思います。

 書き始めると一気に書いてしまうんですが、なかなかそこまでが。。。。
 まあ、マイペースにやっていきたいと思います。皆様も気が向いたときにお付き合いくださいませ。
 
 ではでは今日はこの辺で。

まずは三次感情に着目しよう!

すっかり1か月近くがたってしまいました。大きな仕事がひと段落したので、また書き始めたいと思います。

今日は、「三次感情に注目しよう!」というテーマです。
特に、実践をしはじめのころ、まだまだ体調の状態がすぐれないころには、ここに注目するといいんじゃないかと思います。

この「三次感情」というのは、セッション3で課題として出てきます。

呼吸法の実践、注意の分配や心理現象への名前付けなど、セッション1、2の中で習っていって、その後にでてくる課題です。

僕は、個人的には、ゆっくり呼吸法をしっかりと身に着け、それを繰り返し実践していくこと、そして、この三次感情を見つけて、そこからの思考の連鎖をある程度予防できるようになると、それだけでも初期の体調の悪さがだいぶ改善するんじゃないかと思っています。

ちなみに、わからない方とために説明すると、
一次感情・・・・・何かその場で起きたり、言葉を言われたり、見たり、聞いたりしたときにまず出てくる感情のこと。
二次感情・・・・・一次感情の結果として自分が起こした反応や行動に対し、返された反応として生じた感情のこと。
  例:相手の言葉に対し怒りが芽生えたため(一次感情)、怒鳴ったところ、無視されたためさらに怒りが強くなった(二次感情)

三次感情・・・・・一次感情や二次感情が生じたところから、時間的、空間的に離れたところで、思い出したり考えたりしたことにより生じる感情。
となっています。

ここで、一次感情、二次感情は、かなり強力な感情なので、最初のうちからコントロールしようと手を出したりしてはいけません。
これらは、結果として起こっているので、起こってしまった時点でもう消すことはできないものです。それを何とかしようとか、止めようとすると余計体調を崩していく結果となります。

そこで、三次感情なのですが、この三次感情というのは、日常生活の中でかなり頻繁に起こっていることなのです。これは、日中の洞察訓練を積んでいkとわかってきます。
 「感情」というと、泣いたり、笑ったり、どちらかというと激しいものを連想させるため、頻繁に起こっているといわれても最初は気が付かないかもしれません。しかし、ちょっとした気分の変化も含めて感情ととらえていくと、この三次感情というのは、すごくたくさん生じていることに気が付いていきます。

 そして、この三次感情のポイントは「今、ここ」ではないことです。

 うつや不安障害では、この「今、ここ」ではないことに対して、繰り返し思考や映像を思い起こして、気分を悪化させているという特徴があります。例え、無意識であっても、このことが繰り返されています。その結果として、体調を悪化させたり、希死念慮を生じたりしています。

 そこで、「感情」の変化に着目して、とにかく、日常生活の中で、自分の「気分」や「感情」が少しでも動いた時を徹底して洗い出すのです。
 まずは、まずは動いた時を発見できれば、それでいいです。実は、「感情」というのも、すでに結果なので、三次感情といえども、生じてしまったものを止めることはできません。まずは、感情が動いたことに気が付けるようになることが大切です。

 そして、ネガティブな三次感情に気が付いたら、そこで、すぐに呼吸法を始めましょう。意識が感情にひっぱられて、さらなる思考をめぐらし、三次感情をどんどん悪化させる前に、呼吸に数分~数十分、意識を向け続けて呼吸法を行い、自律神経の波がさるまで時間稼ぎをしましょう。

 おそらく、これに徹底して取り組むことで、初期には体調の悪化がだいぶ予防されるんじゃないかと思うのです。
 やはり、ここでのポイントは、起こってしまった感情は止められないという事です。
 「覆水盆に返らず」です。
 生じてしまった感情は、こぼれた水と一緒です。もうこぼれてしまった水を、お盆に戻すことはできません。またこぼれた水を多少拭くことはできても、濡れてしまった床を完全に乾かすことはできません。こぼれた水を何とかしようと必死になると、さらにお盆から水がこぼれていって、被害は大きくなります。
 乾くには、時間を待つしかないのです。今の水がそれ以上にこぼれないようにじっと乾くまで待たなくてはいけません。

 ここがポイントです。怒りが生じてしまった時、落ち込んでしまった時、それに気が付いてがっかりしてしまいます。
 気が付いたときには、どうしようもないくらい感情が膨らんでいるときもあります。
 しかし、そこで、たとえがっかりしてもいいんですが、それを無理やり抑え込もうとか消そうとか、どうにかしようとしないことが大切です。
 
 そこで、呼吸法があるんですね。できればゆっくり呼吸法を心掛け、ついついこぼした水(すでに生じてしまった感情)に向かってしまいそうな意識を、呼吸の方につなぎとめて、ひたすらそれを続けることで、自律神経の興奮や暴走が自然に落ち着いてい来るのをゆっくり待つしかないんです。

 すごく受け身な対応のように感じますが、これを徹底的に身に着けていくことで、ある程度、体調の波をしのいでいくことができるようになり、その結果、気持ちに余裕も生まれて洞察がしやすくなってきます。

 これができてこないうちに、無理に深いレベルまで洞察をしようとしても、そのこと自体が体調や感情の波を起こす結果となり、逆に体調が悪化してしまうことさえあると思います。だから、ここを徹底的に取り組んでいくことは、特に初期では大切なことだと思うんです。
 初期とは言いましたが、セッションが進んで本音の観察など、難しい課題が増えてきても、「やばい」と思った時に、この対応がとれると、それだけで体調をある程度、戻していくことができるようになります。大崩れしにくくなるということですね。困ったときに、戻れる安全地帯を自分の中に作れるのです。

 まずは、こういったように、三次感情にとにかく注目し、それが起こっていることに気がついていきます。そして、そこからさらに思考の連鎖、感情の連鎖を生まないように、呼吸法、傾注観察で対策をとっていきます。

 そして、それができるようになってきたら、次のステップです。
 それは、その三次感情が起こった直前、および直後に起こっている自分の中の連鎖を観察していくということです。
 先ほど、感情は結果だといいました。
 「感情」というのは、それが単体で起こっているのではなく、かならず何らかの連鎖の結果として生じてきます。つまり「感情」が動いている時には、かならずそこに連鎖が生まれているのです。
 その連鎖とは、どのような連鎖なのか、それを注意深く観察していきます。
 あまり具体的に書くと、そういうものだと思って、ついついそのような連鎖を探したくなってしまいますので、あえて書きませんが、自分の中で起こっていることに、丁寧に名前付けをしていく作業を、繰り返し繰り返しやっていくことが大切です。

 そうすることで、自分の中で感情が生じるきっかけとなっている事、そしてそのパターンなどが見えてくるのです。
 ここで大切なのは、そのパターンを無理に探そうとしないことです。探そうとしてしまうと、自分から「こんなパターンがあるんじゃないか」「俺ってこんなことを考えているかも」など自分で考えた出したものをパターンと認識してしまう可能性があります。
 洞察で得られる気づきとは、あまりそういったことではありません。
 ただ、名前付けの実践を繰り返し繰り返し行っていった結果、「あれ、こんなことを考えてた」と、思わぬ気づきがある場合こそ、価値ある気づきであることが多いです。
 ただ、ただ、実践の事実を積みあげていくことが大切です。

 そうしたパターンが分かってきて、初めて、従来生じていた感情や反応が起こらなくなったり、変化していくような判断や行動といったものが可能になってきます。

 特に実践初期は、「早く良くなりたい」「治したい」という気持ちが大きいので、こういったステップを駆け足で上りたいという焦りが生じてしまいます。
 でも、あえてそういった気持ちを横に置いて、ただ淡々と、課題の実践の積み重ねを続けていくことが大切です。
  
 そうした先にこそ、上に書いたような様々な変化や、実感を伴う改善を得られることだと思います。

 今日は、「三次感情に注目しよう」というテーマで、実践初期の日中生活時における洞察の目の付け所を解説してみました。
 
 またぼちぼち更新をしていくので、よかったら読みにきてください。
 ではでは失礼いたします。

SIMTにおける「変化」の起こり方


  前回の記事では、SIMTの実践では、ある状態を作り出す、強く目指すというより、ただ、今の状態を確認し名づけていくだけで実践内容としてはOKという記事を書きました。
 否定してしまう自分すら否定せず、ただ今の状況がどうであるか、どのようなことが自分の中に起こっているかを確認して名前を付ける、ただそれだけで良いというお話でした。

 では、もっと上達しよう、こんな自分を変えよう、変化させよう、そういったことをしないで、なんで改善していくのでしょう。
 現状を変えようとせずに、どうやって変わっていくというのか。
 そういった点について、今回書いてみようと思います。

 ここが、SIMT、そしてマインドフルネスの大変興味深いところで、ここが実家として理解できたら、おそらくマインドフルネスは一段上達した領域になっているんじゃないかと、勝手に思っているところです。

 ただ「気づく」だけで、もう前と同じではいられないんです。

 いくつか例を挙げて書いていこうと思います。
 
 例えば、自分が「ダイエットしたいと思っているけど、どうしても食べてしまう」「食べないで痩せるなんて無理!」という人がいて、いつも、「そんなに食べるべきではないのに、食べてしまう」という葛藤に陥っているとします。

 僕自身、これをいくら「食べたい、でも食べてはいけない」という我慢と葛藤のレベルで戦っていても、その戦いは決して終わることのない、勝つことのない戦いになってしまうのではないんだろうかと考えています。

 というのは、「食欲」自体は決して「悪」ではなく、人間が身体をもって生まれている以上、かならず存在するものなのですね。
 それを「無くそう」とか「コントロールしよう」としても、それは、大自然を相手に喧嘩を売っているようなものです。
 たとえば、天気が雨だからそれを意志の力で「止めよう」としても、止められないですよね。
 それと同じだと思うんです。
 
 じゃあ、どうしたらいいんだ、という時に大切なのが、「気づくこと」「気づき続けること」そして「知ること」です。

 ダメだと思うのに、無茶食いしてしまう時、後で後悔しますよね。「やってしまった」と落ち込むと思います。頑張ってやろうと思えば思うほど、落ち込みの波も大きいものになります。

 前回の記事で書いたように、ここでやるのは、とにかくこの状況で起こっていることを、徹底的に観察し、名前をつけチェックしてくことです。
 「今回は、ポテチを買って一袋、一気に食べてしまった」
 「その結果、今、後悔や罪悪感という感情が生じている」「その感情を身体は体の重さとだるさという感覚で感じている」
 「食べた結果、胃がもたれて、軽い吐き気という感覚もある」
 「どうしていつもやめられないんだろうという思考が渦巻いている」
 と、その状況を観察していきます。評価してしまっている自分も、ただ観察し、名前をつけていきます。

 この時点では、状況はなんにもかわりません。すでに起こってしまっていることで、起こってしまった状況は、すぐに変えることはできません。こぼれた水を戻せないのと同じです。

 でも、引き続き観察を続けていきます。

 「ポテチを一袋食べると、胃の膨満感は、翌朝まで残るけど、朝を抜くと、昼くらいにはだいぶ改善する」
 「仕事中の昼ご飯は、そこまで食べなくても、仕事があるからそこまで気にならない」
 「仕事終わりのコンビニで強い空腹感を感じる」
 「テレビを見ながら食べてたら、満腹感は感じないうちに、食べきっていた」
 「ポテチだと、胃がもたれる感じがでるけど、パンだとそこまでの感覚はでない。でも、まったくないわけじゃない」
 
 こういったように、日々の食べることも含めた観察をとにかく続けていくことが大切です。
 
 ここの観察で重要なのは、「自分がこれは観察したほうがいいだろう」とか「これは食欲と関係あるのではないか」ということだけでなく、できるだけ、日常生活で何気なくやっていることも、できるだけ徹底的に観察を続けていくということです。もちろん、できる範囲で構いません。

 時には、「ポテチではもたれるから、おでんを買ってみた」ということをしたときに、「結局、食べてしまったら、やっぱり苦しくて、落ち込んだ」ということもあるかもしれません。そして、それが何回かあるかもしれません。でも、「ポテチでも、大きさが小の袋のものは、一袋食べてももたれは軽かった」
 「今日は、帰りのコンビニでも、そこまで空腹感がなかった」
 「そういえば、帰ってくる前に会社で、ゼリーを一つ食べてきた」といった事実がわかるかもしれません。

 そういったように、自分が食べること、食欲に関連することが、だんだん観察を続けているうちに自然と浮かびあがってくるんですね。
 
 「同じ夜食でも、油が控えめのものがそこまででなそうだ」とか「翌日が休みの場合は、多少食べてもそこまで影響はない。でも、ポテチでいったらこの量まで、おでんなら、この程度までの話」とか、「どうやら、仕事で締め切りが近くなった時の方が、食欲は強いかもしれない」「そういう日は、我慢しようとしても、どうしても負けてしまう」

 といった、情報が集まってきます。
 
 この段階になると、食欲自体の存在は、以前と大きく変わりはありません。強い空腹感に負けて食べてしまう日もあるかもしれません。 でも、その食欲と付き合う方法が見えてきます。自分が関与できるポイントと、そうでないポイントが少しずつ分かってくるんですね。
 そうすると、食欲がたとえあっても、それ自体怖いものではなくなってきて、戦う相手ではなくなってくるんです。
 同じ「食べたい」といっても、それが常に同じではなく、強いとき、弱いとき、我慢できる程度の時、そういったことが分かってくるんですね。
 以前は、「食欲」という得体のしてない塊と戦っていたものが、「食欲」といっても、日々の自分の状態、環境、など様々な影響で変化しているものの一部ということが分かってくるんです。

 そうすると、前ほど食欲に振り回されることがなくなります。
 この段階になると、自分の食欲をある程度、破滅的な結果をもたらさず満たす方法も分かってくるので、前ほど、そのことで落ち込むような結果を招くことが少なくなってきます。
 
 これは、部屋で、いくら「どうやったら食べないですむか」「食欲に勝つ方法はあるか」といったことを考え続けても決してでてくる方法ではありません。誰かが書いた本をいくら探しても、載っていないものです。

 でも、むしろ自分の生活にとって、一番やりやすい方法が、ただ観察をするだけで見えてくるのです。

 結果として、本当に不思議なのですが、そのころには、食欲自体も落ち着いてくることが多いです。たぶん、「食欲」を無理に止める必要もなく、戦わなくても付き合っていけばいいとわかって、自分の中でその存在の重要度が下がってくるからかもしれません。

 なんとなく、観察を続けるだけで、変化してくるのが分かっていただけたでしょうか。

 大切なのは、「変えてやるために観察してやろう」、「ポイントを見つけだしてやろう」という強い姿勢でやるというより、ただただ、起こってきたことにそっと名前を付けて、あとは忘れちゃうくらいのつもりでやることが大切です。

 なぜなら、自分の中で重要なことは、かならず繰り返されており、どんなに忘れようと思っても、同じような局面が10回、20回、続いていくと、自然と「あれ、そういえば、この状況前にあったなー」と、気づくときがやってきます。
 そのうえで、また同じような状況があれば、「もしかしてこの状況は、、、、」と思って、予想した結果がおこり、「やっぱり」ということが必ず起こってきます。
 
 そうすると、その結果が、自分にとって好ましくないものであれば、自然と「じゃあ、こう対処したらどうなるだろう」と、ほかの方法をとろうとしてくるものなのですね。だって、好ましくないというのは、もう気づいたときにわかっちゃうわけだから。
 その対処が、うまくいっても、うまくいかなくても、それを何十回とやっていると、その中で、多少効果があるものが、また自然と残ってくるんです。だって、明らかにうまくいかないものをそう何度も繰り返す人はいないじゃないですか。ただ、この時も、何回か同じ失敗(と思われる結果)を体験するのは自分に許してあげましょうね。それも、ひとつの貴重な経験です。

 そして、概して、この気づきで得られる情報は、それまでまったく思いもしなかった関連や事実であることがほとんどです。
 無意識にっていうのはそういうことです。もし、今の時点で思いつくような事柄、アイデアは、すでに意識の中にあるものです。
 無意識は、意識できないからこそ、無意識なのです。

 そして、その無意識の中から、必要な情報を浮かび上がらせてしまうというのが、このマインドフルネスの、SIMTのすごいところだと思います。

 いくつか例を書こうかと思っていたのですが、すっかり長くなってしまったので、今日はここで終わりにしたいと思います。

 また、何か他のわかりやすい例を見つけたときは、改めて書いてみたいと思います。

 ではでは、今日はこの辺で。巷ではノロウイルスやインフルエンザが流行ってきているようですね。
 お互いに気を付けましょう。

 今日もお付き合いありがとうございました。次回もよかったら読んでください。

 
 

否定してしまう自分を否定しないこと

 
  このところ、書くことがいつも同じようなことになってしまっているかなーと思いますが、ひとつのことを色々な角度から書くことは、それなりに意味があることかなと思うので、今日も書いてしまいます。

 マインドフルネスは、そしてSIMTは、皆さん何かを得たくてやっているんだと思います。何かを変えたくて、うつを治したくてやっているんだと思います。
 
 この「変化したい!」「治したい」という気持ちはすごーく大切です。
 この気持ちがあるからこそ、日々の実践を続けていこう!と思うのです。
 
 でも、やればやるほど苦しくなる。

 そんなときが、特に実践をし始めてから少し慣れてくるとあるかもしれません。
 ここには、誰しもぶつかってしまうSIMTやマインドフルネスのポイントがあるんじゃないかと思います。
 そこについて、今日も書いてみますね。

  SIMTを実践し始めるのは、この手法の特徴として、うつや不安障害に悩むかたが多いと思います。
 一刻も早く、今の自分を変えたい!この状況から抜け出したい!そういう気持ちが強いのではないかと思います。

 そうやってSIMTをはじめて見たけれど、呼吸法を続けて、心理現象に名前を付けてとやっていくけど、ネガティブな思考はどんどんわいてくるし、自分で評価もしてしまって、ちっともよくなっている感じがしない!受容なんて無理無理!
  そんな状況を経験されている方は多いんじゃありませんか?

  この状況、ちっともうまくいっていないように見えますが、マインドフルネスの観点からいうと、すごく上達している、もしくは、きちんとマインドフルネスができている、と言えると思うのです。
 こういった相談を受けたりしたとき、僕は、「あー、この方、すごく一生懸命されていて、すごく洞察ができているなー」と思ってしまったりします。

 というのも、SIMTにおいて(マインドフルネスにおいて)、大切なことは、「自分を変化させる」ということではないと思うんです。
 大切なのは、「今、ここにある自分や状況を、ありのままに観察すること」なのです。
 
 だから、極端にいうと、「思考を膨らませてしまうこと」や「自分を評価してしまうこと」だって、やってしまってもいいんです。
 もちろん、それが続くと、自分自身がつらいから、思考を膨らませないことや自分を評価してしまうことを止められたリ、やめられたリできたらそれが一番です。

 ただ、実践を続けていらっしゃる方ならだんだんわかってくると思うのですが、「思考を膨らませてしまうこと」や「自分を評価してしまうこと」、そして、そんな自分に対して「落ち込んでしまうこと」、といったものは、どれも自分の力でコントロールなんてできないものなのです。

 でも、SIMTの本には、「思考を止める」、「評価をしない」、「受容する」って書いてあるじゃない!と思うかもしれません。
 実際、僕も、以前のブログで同様のことを書いてきています。

 しかし、こと実践し始めのころ、特に、自分で「受容」とか「評価しない」なんてできないなーと感じている段階のころは、基本的に、上記のことは、「自分の力では変えられない」と思っていたほうがいいように思います。

 じゃあ、何のためにやっているのかということなのですが、現実的には、実践を続けていくと、「思考を止められるようになってくる(というか連鎖しにくくなってくる)」、「評価をしなくなってくる」、「受容できるようになってくる」ということは事実なのですが、いずれも、自分の力で思考の連鎖が続いてしまっているものを、起こさなくできるとか、評価をしている自分をやめてしまえる、とか、なんでもかんでも受け止められる!なんてことではないんです。

 SIMTの実践を続けていると、自然と、結果として、「自分が思考していることが、自覚できるようになってくる」→「結果として、無意識な連鎖が減る」、「評価をしていた前提自体が消えてしまうため、いつの間にか評価をする必要がなくなった」とか、「受容できているのかどうかわからないが、前ほどそのことについていろいろ考えなくなっているので、受容できているのかな」とか、そんなもんです。結果として、起こりにくくなっているというだけで、自らの力で自分自身を変化させているというよりは、自分の中のどうにもならない部分を悟って、それに対しては無駄な抵抗をしなくなるという感じかもしれません。

 ここを勘違いして、「SIMTが上手にできる人、こういったことがスマートにできているはずだ!」「自分の努力が足りないから、需要ができないんだ」とか「自分がへたくそだから、思考が止められないんだ」、「意志の力が足りないんだ!」などと思ってしまうと、それ自体が、評価、思考、感情をどんどん沸き上がらせ、どんどんつらくなってきます。そんなものを続けられるはずがありません。やればやるほど、つらくなってしまいます。

 そういった状態の時は、じゃあ何をすればいいかというと、そんな自分自身に起こっていることを、ただ、チェックだけすればいいんです。「あ、また思考に走っちゃったな。」「評価しちゃったな」「つらくなったな」、「また落ち込んだな」とか、これができていれば、SIMTの実践は、まず合格点なんです。 
  思考に走っても、評価しちゃってもいいんです。それに「気づいてさえ」いれば。
 そして、「受容」というのは、「うまくいかない自分、うまくいかない状況を、すべて穏やかな心で、受け入れられること」ではないんですね。マインドフルネス、そしてSIMTにおける「受容」というのは、「否定しない」ということに近いように思います。
 どんなことに対しても、できるだけ「否定しない」ということなんです。
 でも、注意してくださいね。「うまくいかなかった」と自分を否定したら、そんな自分も「否定しない」ことなんです。
 矛盾しているようですが、「否定してしまう自分をも、否定しない」ということです。
 だから、「気づけてさえ」いれば、OKなんです。自分が否定した、思考した、評価した、落ち込んだ、そういった事実に「気が付いて」さえいれば、それが、受容したということなんだと思うんです。

 だから、そういう風に僕は思っているので、相談なんかを受けると、「今、自分が思考や評価をしてしまっている」ということがわかっているだけで、「あー、この人は、しっかり実践をしているじゃないですか」と思ってしまうのです。

 問題があるというか、もし変えたほうがいいものがあるとすれば、「思考をしてしまう自分」とか「評価してしまう自分」の方ではなくて、「もっと理想的な状態があるはずだ」、「こういう良い状態に早くなりたい、なれるはずだ」という妄想の方だと思います。

 なので、自分がSIMTの実践で、「うまくいかないなー」と思ってしまったときは、すぐに「うまくいくって、何?」、「今の自分は、こんなもんだ、このしょうもない自分と感じるけど、これが今の僕の姿だ」と確認して、それができればOKとしています。
 そして、「今は、この程度でも、合格点」と自分に一度いいきかせ、また観察にもどるようにしています。

 評価をすれば、落ち込みます。思考を連鎖すれば、落ち込みます。でも、そうなっちゃったら、もうそれは自分の力では消せません。あとは、「今の自分は、こんなもんだ」と思って、今、その瞬間に自分に起こっていること、その状況を観察して、ただ「名前をつけて、意識を今(呼吸など)に戻す」ということをしていきます。どこまでも、どこまでも、この「きづくこと」「観察すること」を続けていきます。
  たとえ、「こんな状況で、またおちこんじゃったよ」とか、「またダメかも」と思っても、100%同じ状況というのは、決してありません。その落ち込み具合はどの程度なのか、身体のどこでそれを感じているのか、その時、目の前の状況はどんなか、そういったとを、その落ち込んでいる自分とともに、ただ観察してください。少しでもその状況に「気づけて」、名前を付けられていればそれで合格です。

 でも、そうやって繰り返していくと、だんだん、自分の特徴が見えてくるんです。どういった思考が繰り返されているのか、状況と思っていたものの中でも、特にどんな要素が影響しているのか、自分の中のどんな評価が繰り返し働くのか、そして、その評価は本当に機能しているのか。そういったものが、自然と見えてきます。

 ここで強調しておきたいのは、こういったことは、ただただ、観察、洞察を積み重ねていった結果、自然と見えてくるものです。
 決っして、「自分にはどんな特徴があるだろう」「自分の中のどんな評価が悪さしているだろうか」と、座って考えていて見つかるものではありません。それは、さらに自分の中に、自分の思い込みを作る作業であり、自分をどんどん追い詰めてしまいます。
 理想像をつくって、自分を苦しめてしまうのと同じですね。

 だから、実践を始めると、いろいろなことが見えてきて、そして、自分の思い通りにならなくて、苦しい時期がかならず来ます。
 でも、それは普通のことなんです。みんなが、体験していることです。

 だからこそ、思い切って、「自分なんて思い通りにならないもの」と割り切っちゃいましょう。
 そして、自分にできること=呼吸法、名前付け、洞察
 そういったことを、ただただ、息をするがごとく、ただただ繰り返していきましょう。かならずその先に、見えるものができていますし、
そういう風に、割りきっちゃうと、続けることも少し楽になりますよ。

 実際、僕がこうやっていえるようになるにも、SIMTの開始から2年すぎくらいからでしょうか。今、3年間ほどになりましたが、そんなもんです。もちろん、そこまでいくまでにも小さな気づきはいっぱいあったし、体調も少しづつ回復はしましたけどね。

 前々回のブログでも書いたように、たとえ洞察や呼吸法をやり始めて、やり方を覚えても、脳が変わるのには時間が必要です。
 その時間を待てずに、すぐの「変化」を期待するのは、今日、腕立て伏せを10回やって、「いつになったら、100㎏のバーベルを持ち上げられるかな」って毎日考えていくようなものです。
 それを目指すことは、すごくいいこと、続ける力かもしれませんが、その結果を期待しすぎてしまうと、トレーニングがつらくなっちゃいますよね。でも、ただただ、そういった実践を続ける先に、100㎏のバーベルを持ち上げられる日がくるかもしれません。

 さて、今日は、実践をやり始めて誰しもがぶつかりやすい問題について書いてみました。問題といいつつも、このことに気づくということ自体、成長なんですけどね。
 初心者の方向けという感じですが、これと同じようなことは、状況を変えて繰り返し自分に起こってきます。僕も、いまだに今回書いたような方法で、自分の中の「評価」や「どうにもならない感情や思考」と対応しています。

 ぜひ、何かと困難を感じている方も、あきらめずに実践をお続けください。おそらくあなたが思っている以上に、実践自体はうまくいっているのだと思いますよ。あとは、肩のちからを抜いて、今やっている実践を、無理なく続けていくことが大切です。

 ではでは、今日はこの辺で。今回も、お付き合いいただきありがとうございました!


これまでの訪問者数
ブログランキング
ブログランキングに参加しております。応援していただける方は下記バナーをクリックお願い致します!
プロフィール

Ko7

Author:Ko7

訪問ありがとうございます。
 

鬱になって苦しんでいたときにマインドフルネスと出会いました。
自分の経験とマインドフルネスを実践する中での気づきなどを徒然なるままに書いていこうと思います。
私にとって先達者の方々のブログが参考になったように、このブログが同様に苦しんでいる方々に少しでも助けになればと願っています。

カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブログ内の記事から探す
入力した語句が含まれる記事を探せます
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR